明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!

ギャンブルなどの借金

借金を作ってしまった理由は人それぞれだと思います。
ギャンブルなどで借金をつくってしまった人も多いと思いますが、これは、依存性が高いために起こってしまうようです。

ギャンブルなどでつくってしまった借金でも、債務整理の対象になるのかと、不安に思う方も多いとおもいます。

債務整理は借金の理由などによって、出来る出来ないと言った事はありません、問題はその後の返済計画に沿ってきちんと返済を行えるのかにかかってきます。

ギャンブルは依存性が高いこともありますので、今後は生活を圧迫するような借金をつくらないような努力が必要となるのではないでしょうか。

司法書士への債務整理、借金相談

弁護士は身近に発生するトラブルなどに対して法に基づいてアドバイスをし、時には相手方と代理人として交渉を行い、「債務整理」においては法律相談や、代理人として業者と訴訟や交渉ができます。

それに対して司法書士は、本来ならば、不動産などで登記を行うことが専門分野になっていて、債務整理のときでは基本的に法律相談、訴訟、交渉ができず、認定司法書士の場合だけ、個別の債権額、例えば借金および過払い金が140万円以下に限って、法律相談や訴訟、交渉などができるため、140万円を超える債務整理・借金相談が可能なのは弁護士のみとなります。

司法書士がおこなう借金相談

司法書士も認定されることができれば借金相談をおこなえるようになりました。それに伴い、弁護士のハードルの高さや費用の高さに懸念を示していた人が、債務整理を依頼することも可能になるでしょう。

しかしながら、司法書士には借金相談をおこなううえで、制限がありますので注意が必要になります。制限については1件につき140万円以内であることです。債務整理の自己破産や個人再生については、借金の金額が大きいケースがほとんどですので、その場合においては裁判所に提出する書類のみを作成するものになります。そのような制限をしっかりと理解したうえで依頼をおこなうことをおすすめします。

借金問題を弁護士に相談

借金問題を弁護士に相談することで、詳しい内容や自分の置かれている状況が客観的に見ることができます。一番大きな点としては、借金を抱えていることについては、債務者は一人で抱えているケースが多いですので、弁護士に話すことで悩みを一人で抱えることもなく安心することができるでしょう。

債務整理をおこなっていくうえでは、さまざまな影響やデメリットが生じてしまうケースもありますが、第二の人性を新たにスタートさせることも可能になります。気持ち一つでかわってきますので、そのようなこともしっかりと踏まえて借金問題を解決していくことが大切になるでしょう。

借金問題を司法書士に相談

借金問題を司法書士に相談する事は非常に有益なことでしょう。借金はだれでも起こりうる問題で、車や家などを考えると多くの人が利用しています。便利に利用できれば良いのですが、場合によっては失敗してしまい債務整理をしなければいけいない事態へと発展してしまいます。

このようなことがないようにする事は大切ですが、なってしまった場合においても司法書士などの専門家に借金の相談をおこない、速やかに債務整理をおこなっていくべきでしょう。一人で抱えていても深刻化されるだけですのですので、できる限り相談できるようにしましょう。

債務整理に関する記事