明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!

過払い金返還請求を司法書士に依頼した場合の個人信用情報

過払い金返還請求では支払い過ぎた利息を貸金業者から返してもらい、そのお金を借金の返済に充当することによって残債を減らすことを目的として行われます。

支払い過ぎていた利息を返してもらうという行為はそもそも消費者の正当な権利のはずなのですが、この手続きをすることによって個人信用情報に傷がついてしまう場合があります。それは過払い金返還請求の手続きを司法書士や弁護士へ依頼した場合です。

司法書士や弁護士は依頼を受けた後に貸金業社に対して受任通知を発送することになります。その段階で貸金業者側は債務整理の手続きに入ったと判断をして個人信用情報機関にその旨を登録することになるからです。

そのため、一時的にせよ過払い金返還請求をした場合にはブラックリストに載ってしまう可能性があるのです。