明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!

交通事故の事後的な慰謝料の相談

交通事故では、怪我などの治療費を加害者側に請求することがあります。具体的な請求額については、怪我の状態などによって、その治療費を含めた慰謝料が決定されるのですが、後遺障害については、請求の段階で、障害の状態について確定していないことが少なくありません。

また、障害の発生自体が予想されていないこともあります。 このような事後的な障害については、請求の段階で考慮されていないこともありますが、事故と関連があれば、請求は可能です。 そこで、当座の請求で考慮されていないような事後的な障害についても、弁護士などに請求について相談することが大切なのです。

むちうちの交通事故慰謝料を請求するときには

交通事故で一番負いやすいと言われているのがむちうちなのですが、これがまた交通事故慰謝料を請求するときにトラブルに発展しやすいのです。なぜかというと、むちうちは骨折や打撲と違って、パット見て「ひどい怪我だな」「治ったな」ということがわかりにくいためです。

そのため医師からまだ治療が完了したという診断が下りずに、また痛みも引いていないのに1年ほどしたら、治療費の打ち切りになってしまうことがあります。しかし治療はこれからも続いていくのに途中で打ち切られてしまっては困りますよね。そういった際に使用するのが、今までの事故を参考にして作られている弁護士基準です。

交通事故慰謝料における弁護士基準って?

弁護士基準という単語を聞いたことがありますか?自分が交通事故に合わない限り中々耳にすることがない単語の一つです。こちらがどういった内容なのかといいますと、交通事故慰謝料を請求するときに使用する、弁護士の必殺アイテムみたいなもので、こちらは赤本や青本のベースにもなっていると言われています。

今までのたくさんの事例を元に、このケースはいくらくらいと定められているもので、保険会社からの慰謝料についてこちら側の納得がいかなかった時などに使用することが主です。「今提示されている金額はこれくらいですが、弁護士基準に基づくとこのケースの場合には○○円請求することができます」といった風に使用されます。

むちうちのときの交通事故慰謝料

むちうちで交通事故慰謝料を請求する人は多いです。こちらの怪我強い衝撃を受けることで、痛みを感じるものなのですが、これが非常に厄介なのです。治らない人は一生治らないとも言われている怪我で、治療も長期にわたるため、治療費を請求する人が多いようです。

もしむちうちで交通事故慰謝料を請求する場合には弁護士に入ってもらうことを推奨します。なぜかというと、自分で請求をかけるよりも数倍の慰謝料受けとることができるようになるかもしれないためです。なぜそんなに金額が異なるのかというと、弁護士基準と呼ばれる制度を弁護士は使用できるためです。

交通事故慰謝料とむちうち

交通事故慰謝料で一番多い怪我がむちうちです。またそれと同時に保険会社と被害者の方の意見が一致しないのもむちうちがダントツ多いです。こちらの怪我は強い衝撃を体が受けてしまったことによって、いろんな場所に痛みを生じるというものなのですが、外部に傷跡などがでるわけではなく、治ったことが非常にわかりにくいのがトラブルのもとです。

こういった場合によく使用されるのが弁護士基準と呼ばれるもので、こちらは弁護士が使用する、過去の事例を使って交渉する技です。例えば慰謝料に納得がいかなかった時になどこちらを使用して、以前はこれくらいの金額が出ていたという証明をします。