明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!

債務整理

債務整理を行った際に、過払い金が発生していることに気が付き、返済の手続きを行う人も少なくないようです。

債務整理は借金の返済が難しいとなった時に行います。
そのため、発生している過払い金を返済に充填することができます。

万が一自己破産となった場合でも同じ事ができるので借金を少しでも減らすことができます。
そして、借金の返済がすでに終了してしまっている人であれば、後で過払い金を払い戻してもらうことができます。

少しでも気になる人は自分の過払い金を調べてみるといいでしょう。

債務整理は司法書士と弁護士どちらに依頼すべきか

債務整理は司法書士と弁護士どちらに依頼すべきか、今後ますます争点が広がっていく部分でしょう。それぞれにメリット・デメリットがありますので、人によってどちらを選ぶかは違ってくるでしょう。

弁護士においてはオールマイティに債務整理をおこなうことができます。しかしながら費用が高く人によっては敷居が高いため、懸念されてしまうケースもあります。司法書士については140万円以内の案件であることが条件づけられています。自己破産や個人再生については、借金の金額が多額になる傾向になりますので、裁判所に提出する書類の作成のみになります。

司法書士の業務である債務整理

司法書士の業務である債務整理は、元々は弁護士がおこなっている業務でした。弁護士の業務があまりにも多忙を極めたことから、司法書士においても債務整理の一部の業務をおこなうことが認められるようになりました。

弁護士よりもリーズナブルなことから、依頼者も急増している傾向になります。しかしながら、一社に対しての案件は140万円以内との制限がありますので、その範囲内での対応となりますが、任意整理や過払い金の範囲であれば、十分対応が可能な範囲と言えるでしょう。140万円の制限内に収まるか不安な場合は、初めから弁護士に相談をする、もしくは弁護士も所属している法律事務所へ依頼をするのがおすすめです。

債務整理も応じる司法書士

弁護士と比べれば、より身近に感じられる司法書士ですが、認定をうけることで140万円以内であれば、代理人として裁判所に立つことができます。そのため現在であれば、借金相談にも応じています。

これまで自己破産の手続きもおこなっていたことや、140万円という制限の中であれば他の債務整理が可能になったためです。書類手続き以外に訴訟問題にも強ければ司法書士といっても頼もしい存在です。

弁護士と比べて相談しやすい点や、費用も少し抑えられるといったメリットがあります。ですが、複雑な案件や一筋縄ではいかない相手であれば直接弁護士へ依頼するのが良いでしょう。

債務整理は弁護士に依頼すべき

債務整理は弁護士に依頼すべきであることがあげられるでしょう。以前に比べて司法書士に依頼したり、自身でおこなったりと選択肢は増えていますが、一番確実である方法が弁護士に依頼することでしょう。

司法書士と比べても多くの経験や実績を上げていますし、多くのことに対応が可能な点から債務整理が有利になることが予想されます。費用が心配なのであれば、法テラスのような機関を利用してひとまず立て替えてもらったり、分割で対応してもらえる法律事務所などを探してもいいでしょう。法律が関わってくることですので、確実な方法でおこなわれることをおすすめします。

債務整理に関する記事