明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!大阪、千葉、東京で弁護士を探そう!

笑顔になるための債務整理

過払い、自己破産

相続手続き

交通事故慰謝料

相続手続きの期限〜遺産相続の方法

遺産相続が発生した場合、期限のある相続手続きがいくつかあります。 まずは、相続放棄。これは自分が相続人であることを知った時から3ヶ月以内に裁判所に申述しなければいけません。しかし、3ヶ月以内に期間の伸長の申し立てをすれば、期間を伸ばすことができます。

次に、相続税の申告です。これは、亡くなってから10ヶ月以内にしなければいけません。平成27年の法改正で、相続税がかかる方が増えたので、今後は、より注意が必要です。 期限のある手続きとしては、この二つが代表的です。ただし、これ以外の手続きも、放っておくと思わぬ不利益を被ることがあるので、注意しましょう。

相続手続きの不備は弁護士に相談

相続手続きの不備によってトラブルが起きている場合など、できれば弁護士に相談した方がいいケースはあります。自分が知らないところで処理されてしまったり、満足のできない状況になるなど、問題が起きてからでは遅いです。

少しでも対策を考えて、すぐに処理されるようにしたいなら、弁護士に依頼を出しておくといいでしょう。確認してもらい、何が問題となっているかチェックしてくれるので、安心して任せられます。個人では難しいとされている確認が取られて、業者に対して不備の内容を聞いてくれます。しかも不備が生じている場合にも、明確な対応がわかります。

相続手続きで裁判を起こす可能性があるときは弁護士に相談

遺産相続において、相続人同士の争いで裁判になることもあります。裁判にならない時には、司法書士や税理士に相続手続きをお願いできますが、裁判となれば法廷にて戦うわけですから、弁護士にしか正式な代理人を依頼するしかありません。

しかし、他の専門家よりも依頼費が、高くなる傾向がありますので注意が必要です。実際に調停や審判となった相続争いは、大抵が法定相続分に基づく判決となるので、その点も考慮した上で依頼しましょう。初めから裁判になりそうな場合には、弁護士に依頼することを決めて相談するのが、早期解決に繋がります。

弁護士と相談をして相続手続きをしてください

相続手続きには、期限が設定されています。期限をちょっとでも超えてしまうと、借金などの相続したくない遺産まで相続してしまったり、不動産などの相続したい遺産を相続出来なくなったりと相続トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

トラブルに巻き込まれないように、遺産相続が発生した場合は、弁護士に相談をしてどの手続きから終わらせればよいのか、アドバイスをもらうようにしてください。全ての手続きを円滑に終わらせることが出来ますし、後から相続トラブルになることも防ぐことが出来ます。弁護士のアドバイスをよく聞いて手続きをするようにしてください。

相続手続きと弁護士とやってくれること

相続手続きといってもその内容は沢山ありますが一体法律事務所ではどういったことを対応してくれるのでしょうか?弁護士さんには金額の制限も、法律的な面の制限もないため基本的には対応してくれます。

特に法律事務所に依頼したほうがいいケースとしては①今現在相続について親族間で揉めている②協議が絶対に必要になりそうである③相手も弁護士を雇っている場合④依頼費用を出しても残る金額分の遺産相続がある場合です。特に相手がプロに任せている場合ではこちらがどのような手を使用しても素人では勝ち目がありません。その場合にはこちらもプロにお任せするのが一番でしょう。

相続手続きに関する記事

交通事故弁護士による慰謝料、賠償金の相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士、司法書士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士、司法書士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料、賠償金の相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。