明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!

過払い金の司法書士相談をする時のポイント

司法書士に過払い金返還請求をすると、弁護士に相談する場合よりもコスト的に安く済むことが多くなります。

その為、少しでも自分の手元に残るお金を確保したいと言った理由で司法書士を利用しようとする人が居るのですが、まずは自分の状況をしっかりと把握したうえで弁護士か司法書士のどちらを利用するかを決めることが大切です。

仮に、1社あたり140万円を超えてしまう場合は、弁護士に依頼しない限りは自分で請求手続きを行う必要が出てきてしまいます。

そのため、自分の請求金額がそれ以下であることを確認したうえで、「正当な報酬以外を請求されていないか」と言ったポイントから判断していくことが有効です。

過払い請求の弁護士の選び方

法律事務所は日本全国に何千店舗とあり、その数以上の弁護士さんがいます。その中から自分に過払い請求にピッタリの事務所を見つけだすのは中々難しいのが現状です。インターネットで調べても「対応が遅い」「親切にしてくれなかった」などといった不満を持っている人を見かけます。

まず頼むなら大手がいいという考えを捨てましょう。大手の方が安全ではないかと思われるかもしれませんが、大手にはそれだけ多くの新人さんも入ってきます。必ずしもベテランの人についてもらえると限らないためです。その点個人経営の事務所でしたら、所長さんが見てくれることの方が多いので、安心することができます。

弁護士に依頼しないで過払い請求をするデメリット

過払い請求は個人でも行うことができます。しかし基本的にはどの情報サイトを見ても「過払い金があるなら法律事務所へ」という文言が目立ちます。なぜ個人で行ってはいけないのでしょうか?いけないということがあるわけではないのですが、弁護士に依頼するよりもデメリットが多すぎるのです。

例えば万が一訴訟になってしまった際には、自分の住所に様々な書類が届くことになります。一人暮らしの人でしたら気にならないかもしれませんが、家族に内緒で借り入れしていた人や、恋人に内緒にしている人は、万が一書類を見られてしまったらすべてばれてしまいまS。

弁護士は過払い請求の負担を知っている

負担が大きいことをある程度考えて、弁護士は請求するための方法を行っていますし、請求している金額についても考えています。負担というのは、意外と大きなものとなっていますし、相手の会社側がどのように判断しているかで結構変わってしまうものです。

すぐに終わらせたいと思っている場合でも、抵抗してくるのは間違いないです。抵抗されている以上は仕方ないと判断して、過払い請求で妥協できる範囲を考えています。そして請求して得られている金額から、弁護士はある程度の金銭だけを報酬としてもらって、過払い請求を完了させているのです。

弁護士は過払い請求関連の相談もしている

実際に過払い請求を行うのではなく、ただ相談するだけの方法も採用しています。相談によって解決することがあるなら、それはいいことです。弁護士も相談を受け付けていて、実際に請求できる金額が用意されているのか、それとも請求できない状況となっているのかわかります。

相談していないとわからない要素も多く、しかもリスクなどについてもわからないままなので、話をしておくのはとても大事でしょう。今後も利用したいと思っている方は、どのような弁護士に相談するのが一番なのか、そして相談から実際に依頼を出すための方法を知っておきましょう。

過払い、自己破産に関する記事