明るい笑顔で笑える様になるための債務整理

任意整理は交渉ごとも難しいため経験値のある方をお願いしましょう!

軽傷でも交通事故の慰謝料は専門家に相談しましょう。

交通事故の被害に遭っても、軽傷に見える場合、また、ほとんど痛みがない場合、何もしないでその場で示談にしてしまって、後になって痛みが出て後悔した、という話を聞いたことがあります。

確かに、大した怪我もしていない場合、その場で済ましてしまいがちですが、やはり後々のことを考えると、治療費や慰謝料について専門家である保険会社や弁護士さんに相談しておくほうが安心です。

後遺症が残るようなことがあっては大変ですから。事故に遭ったら、まず110番、そして保険会社や弁護士さんに連絡して相談して後悔がないように処理しましょう。

むちうちも弁護士基準で交通事故慰謝料アップも可能に

被害者の立場に寄り添う交通事故弁護士は、後遺障害等級の決めてとなる認定基準も熟知しているため、むちうちなら必要に応じて画像診断がとれるようアドバイスもおこなったりします。そのため本来であれば後遺障害等級で一番軽度な14等級であるものも、12等級以上に引き上げることが可能になります。

さらに保険会社が提示する自賠責保険基準の慰謝料も、弁護士基準の交通事故慰謝料で大幅に増額できる可能性もあります。このように完治が難しいむちうちである場合は、臆することなく無料相談をおこなっている交通事故弁護士へ問い合わせてみましょう。

むちうちの交通事故慰謝料に納得がいかなかったら

自分がむちうちで交通事故慰謝料をもらい受けたとして、その金額に納得がいかなかった場合には弁護士に依頼をかけてみてください。今までの履歴を見てみたも自分でおこなった場合の金額よりも倍以上の慰謝料が最終的にもらうことができた人が多いのです。

なぜそのような結果になるのかというと、弁護士は弁護士基準と呼ばれる交渉術があるからです。こちらは今まで起きてきた交通事故慰謝料に関しての事例のことで、こういった場合、これくらい慰謝料をもらっているので、この場合もこれくらい慰謝料が出なくてはおかしいという交渉ができるようになります。

むちうちで交通事故慰謝料をもらうには

むちうちと言っても入院がある場合と、入院が必要ない場合と、後遺障害が残ってしまい場合があります。どの場合にも治療費や通院費は発生するので交通事故慰謝料は請求することになりますが、実際に自分で保険会社に請求をかけた場合に、希望通りの金額を受けとることができる人はまずいないと言われています。

保険会社も何万人の保険処理を行ってきていますので、もし不満があって、異議を申し立てたとしてもそれを受け入れてもらうのは中々難しいです。そういった時に弁護士基準が取り入れられるのです。こちらを使用することによって、他のケースではもっと高額の慰謝料が出ていたということを保険会社側に突きつけることができるのです。

交通事故慰謝料の事例ってどんなのがあるの?

交通事故慰謝料でよく事例にあがってくるのが、主婦の方が事故にあった時の話です。なぜこの事例がよくあがってくるのかといいますと、通常勤務をしている人であれば怪我をして働けなかった期間の保証については、給与×働くことができなかった日数で求めることができます。

これに医療費などがプラスされることもあるかもしれませんがベースがしっかりできあがっています。しかし主婦の給与の計算が非常に難しいのです。勿論働いているのと同じくらいの作業が毎日あることをほとんどの人が知っています。しかしそれを給与化するのが難しいのです。

交通事故慰謝料に関する記事